<< お知らせ >> 

◆2020/04/08

【緊急のお知らせ】「第32回 '20春の藤前干潟クリーン大作戦」は中止します。
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、5月23日(土)に予定していた「第32回 ’20春の藤前干潟クリーン大作戦」は中止します。
 開催に向けてご支援・ご協力頂いた皆様には、今後も変わらぬご理解とご協力をお願いします。
 なお、「第33回 '20秋の藤前干潟クリーン大作戦」は、10月31日(土)に開催します。
 改めて、ご案内しますので、その節には是非のご参加をお待ちしています。

 

◆2020/04/01

 5月23日(土)に開催予定の第32回藤前干潟クリーン大作戦(2020年春)のチラシが完成しました。

 現在、実行委員会はこの開催に向けて準備を行っておりますが、新型コロナウイルスの感染拡大状況に

 よっては、中止等の判断をさせていただくことがあります。

 判断については、このHP上でご案内しますので、よろしくお願いいたします。

 

【案内チラシ表】20200523第32回藤前干潟クリーン大作戦(2020春).p
PDFファイル 3.4 MB
【案内チラシ裏】20200523第32回藤前干潟クリーン大作戦(2020春).p
PDFファイル 2.3 MB

藤前干潟クリーン大作戦実行委員会の活動

■2020年の活動予定■

  5月16日(土)・17日(日) 22世紀奈佐の浜プロジェクトエクスカーション 開催 (場所:佐久島(愛知県西尾市))

  5月23日(土) 【中止】第32回藤前干潟クリーン大作戦(2020年春) 開催

10月31日(土) 第33回藤前干潟クリーン大作戦(2020年秋) 開催 

■2020年の活動報告■

※それぞれの活動の詳細は下方をご覧ください。(一部準備中)

  

 2月16日(日) 多治見市環境フェアにてパネル展示  

 2月8日(土)・9日(日)令和元年度 河川教育研究交流会 出席

              平成30年度 川づくり団体全国事例発表会 出席

                                    (主催:公益財団法人 河川財団、場所:東京大学)→詳細は河川財団HP

 1月25日(土) 第9回ごみと水を考える集い 開催 (場所:藤前会館)

 1月17日(金) 第20回中部の未来創造大賞 受賞 

■1月25日(土) 第9回ごみと水を考える集い 開催しました。

 1月25日(土)に藤前会館(名古屋市港区)にて第9回ごみと水を考える集いを開催しました。

 

 ごみと水を考える集いは、「伊勢・三河湾の漂着ごみゼロ」と「ごみがうまれない社会創り」の啓蒙活動とネットワーク作りの推進を目指し、伊勢・三河湾、藤前干潟につながる流域で活動する方々に参加を呼びかけて、毎年行っている集いです。今回は、市民団体、行政等34団体、66名の方が藤前会館に集まりました。

 

 今回の集いの中では、「伊勢湾のマイクロプラスチック」と題して四日市大学環境情報学部の大八木麻希准教授から記念講演をいただきました。その後、特別報告として中部大学応用生物学部上野研究室の学生2名より「2020年のヨシ原調査報告」、NPO堀川まちネットの中島佳郎さんより「ヨシ苗床」についてお話を聴きました。この後、分散会、アピール文の採択がされました。

 

 開催内容の報告と採択されたアピール文は以下のファイルをご覧ください。この報告とアピール文は関係する行政機関等に送付しています。参加いただいた皆様、協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

【開催報告・アピール文】第9回ごみと水を考える集い.pdf
PDFファイル 671.6 KB

 

第9回ごみと水を考える集い 案内チラシ、参加呼びかけ、参加確認および活動報告(様式)】

 ※参加される団体は、「参加確認および活動報告」を記入の上、【2020年1月10日(金)】までに事務局鈴木まで(FAXまたはメールにて)送付をお願いします。

【案内チラシ】第9回ごみと水を考える集い.pdf
PDFファイル 609.3 KB
【呼びかけ】第9回ごみと水を考える集い.pdf
PDFファイル 283.4 KB
【参加確認および活動報告書の様式】第9回ごみと水を考える集い.pdf
PDFファイル 163.1 KB

ワード形式の「参加確認および活動報告」の様式はこちらからダウンロードください。→ワードファイル【参加確認および活動報告(様式)】

 

■1月17日(金) 第20回中部の未来創造大賞 受賞しました。

 1月17日に名古屋合同調査2号館(名古屋市中区)で行われた「中部の未来創造大賞」の表彰式に出席し、大賞をいただきました。

 「中部の未来創造大賞」は、地域づくりのための活動を表彰し、新しい時代にふさわしい中部の発展と啓発を促進するために設けられた賞です。

 今回、藤前干潟クリーン大作戦実行委員会の活動である「藤前干潟クリーン大作戦」がこの大賞を受賞しました。→詳細はこちら(中部地方整備局のHP)


 藤前干潟クリーン大作戦は2004年に初回を実施して、今年で17年目になります。過去31回開催したクリーン大作戦には延べ37,770名の方に参加をいただきました。また、地元自治会、流域各地、学校機関、企業、行政など、多くの団体・方々との協働によってクリーン大作戦は開催ができています。

 昨今の海ごみやマイクロプラスチックへの社会の関心の高まりももちろんあると思いますが、何より今までの活動継続と、関わってきた方々が多いことが今回の受賞では認められたと考えています。藤前干潟クリーン大作戦に関わってきていただいた方々に感謝申し上げます。そして、今後も活動を続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。